生活習慣病とアルコール

生活習慣病とアルコール

生活習慣病で、アルコールが原因となり
発症するものの中にアルコール性肝障害というものがあります。

 

ビールを大瓶3本以上、日本酒なら3合以上を
毎日のように飲み続けていると、
肝機能が低下して衰え、生活習慣病になってしまいます。

 

アルコールは肝臓で代謝されるとも言いますが、
分解過程には、アルコール脱水素酵素によって有毒のアセトアルデヒドに変化します。

 

さらにアセトアルデヒド脱水素酵素の働きによって酢酸に代謝されることになります。

 

肝臓で代謝できるアルコールの量は、
体重60キロの人で大瓶1本の三分の一程度。
日本酒は三分の一合とされます。

 

1日に、これ以上のアルコールを飲んでしまうと、
肝機能が処理できる量を完全に超えます。

 

キャパを超えた肝臓に、大きなダメージを受けてしまい、
生活習慣病を進行させてしまうことは言うまでもありません。

 

さらに怖いことは、アルコールで痛んだ肝臓は、アルコール性肝炎、
肝硬変、さらには、肝がんへと進行してします。

 

疲れやすくなった、発熱、黄疸、腹部右上の痛みは、
アルコール性肝炎の症状なのです。

 

もし、あなたが少しでも思い当たるものがあれば、
至急、医師の診察を受けてください。

 

生活習慣病の中でも、肝がんは死亡率が非常に高く、
治療も困難なのが現状なのです。

 

しっかりと予防しましょう。

 

普段から、かなりの量のお酒を飲んでいる方は、
特に注意が必要です。

 

既にアルコール性肝炎になっているのであれば、
治療するために、禁酒は絶対です。

 

薬効効果もあるアルコールではありますが、
生活習慣病を予防するためにも量を適度にして、
悪ふざけをしたような飲み方はやめましょう。