生活習慣病とタバコ

生活習慣病とタバコ

生活習慣病や成人病にとって、
一番多い原因がタバコです。

 

喫煙は大きな健康被害を
与える恐れがある有毒なものです。

 

タバコに含まれるのは、ニコチン・タール・一酸化炭素・
シアン化水素・鉛・ヒ素など、有害物質ばかりです。

 

発がん性のある成分が多くて、
肺がんの原因であることは良く知られています。

 

タバコが持つ問題としてしは、ニコチン依存症で、

 

・身体に悪いものだと分かっていながら、なかなか辞めることができない
・禁煙するとイライラしてしまう

 

といった症状に悩んで、次第に下痢や吐き気、
更には幻覚なども起きるかなり重い症状が現れることがあります。

 

さらに、生活習慣病の疾病に含まれるがんになりやすくなり、
呼吸器や循環器に非常かなり大きな負担を与えます。

 

そして、タバコに含まれる活性酸素が血管に大きなダメージを与えて、
動脈硬化、心筋梗塞に脳梗塞などへの可能性を高めてしまいます。

 

それと、生活習慣病の症状には歯周病になるというケースもおおいにあり得ます。

 

タバコは歯肉にある血管を収縮させて、
歯周病を進行しやすくさせることが判明しています。

 

タバコは「百害あって一利なし」なのです。
生活習慣病を防ぐには、一日も早く禁煙することを強くお勧めします。

 

特に若い時から吸い続けている人は、
通常よりがんや心臓病になりやすいとも言われており、
十分に注意しなければいけません。

 

また、タバコは自分のみならず、
周りにいる方にも害を与えていることも知りましょう。

 

副流煙によって周りの人の健康被害を及ぼす危険があるので、
分煙化をきちんと守り、早く禁煙をするようにしましょう。