生活習慣病と食生活

生活習慣病と食生活

生活習慣病は増えてきたと言われています。

 

近年、メタボも話題になっている中、
生活習慣病と深い関係があるのではないかとも言われています。

 

大きな一つの原因として、食生活の変化が考えらるでしょう。
日本には伝統的な食文化、和食があります。

 

しかし、洋食やファーストフードなどの、食の欧米化が進んでいくことで、
和食と比べるとカロリーが高いものが人気になっています。

 

また、外食産業もかなり盛んで、
いい意味で言うと、食文化は非常に豊かになりました。

 

一方で、生活習慣病にとっては問題の脂肪や糖分を
過剰に取り過ぎるという結果を招いてしまっています。

 

もちろん、西洋文化が移行してきて、
身体にとって重要な栄養分であるタンパク質が日常の生活の中で
自然に補給できたり、日本人には不足しがちなカルシウムを

 

牛乳やチーズなどを利用して作る食材で摂取できることからも
食生活の変化は喜ばしいと思う部分がたくさんあります。

 

しかしながら、過剰に摂り過ぎる、摂り過ぎてしまう栄養が多くなる点が
問題とされていて、肥満に悩む人は確実に増加しているのが現状です。

 

それから、もともと日本人には飢えに備えて、
脂肪を溜め込みやすい遺伝子というものがあります。

 

太りやすい体質。そして食生活の変化で肥満になる人が増え、
糖尿病や高血圧、高脂血症を発症してしまっているんです。

 

つまり、生活習慣病を予防するには、食生活を見直すことが最も重要であり、
日頃から和食中心に食事をしたり、
栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。