生活習慣病の原因

生活習慣病の原因

生活習慣病に掛かる要因の中でも、最も多いものとして
食生活、運動、休養、ストレス、喫煙・飲酒があります。

 

食生活では人のパワーの原動力となる食事を適当に考えていると、
栄養不足が起きて、内蔵などの働きが十分に行えず、
病気になりやすい身体になる可能性が高いです。

 

また、最近特に多いのが、高脂肪・高カロリーの食事です。

 

身体に不要な脂肪を溜め込んで肥満を呼び込むことになり、
しかも、高脂血症や糖尿病にもなる可能性があります。

 

そして運動に関しても、健康的な生活には適度に
身体を動かすことは不可欠ですね。

 

運動をせずにいると筋肉が低下して、体力自体も低下します。

 

それに運動は心肺機能を強化させてくれること、
新陳代謝を高める効果もあります。

 

身体の中の余分な脂肪を燃焼させる働きもあるんです。

 

よって運動していないと生活習慣病になる可能性を、
自分自身で高めることになります。

 

それと、適度なお休みも必要です。

 

仕事や家事、育児などの疲労は身体に
気づかないうちに、大きな負担をかけます。

 

十分な休息と1日7時間前後の睡眠は
体をリフレッシュしてくれますが、
満足に休養が取れないと病気になる原因になることでしょう。

 

精神的な消耗も生活習慣病に原因があって、
ストレスから発症するケースも多々あります。

 

生活習慣病の発症や進行を
加速させてしまうのがタバコやアルコールです。

 

タバコは万病の元であり、有害物質を自ら吸っているようなものです。

 

アルコールも適量以上を飲んでしまうと、肝臓などにダメージを与え、
糖尿病、高血圧、高脂血症になる原因となりうるのです。

 

以上のような危険を取り除くことで、
生活習慣病発症は予防できると言えるでしょう。