生活習慣病の高脂血症とは

生活習慣病の高脂血症とは

生活習慣病の中の一つ。
高脂血症は、血液中にコレステロールや
中性脂肪が正常値を超えて存在することを言います。

 

どちらも生命活動には必要なものです。
ただ、過剰にあっては様々な病気を促進させてしまうのです。

 

血中コレステロールが増加すると、、
血管の内壁にコレステロール「プラーク」というものが生成されますが、

 

この数が少ないのであれば、問題は大きくないのですが、
たくさんできてしまうと血管の流れを悪化させ、詰らせてしまう場合があります。

 

また、「プラーク」のできた壁が薄いと、何かの刺激でつぶされてしまって、
内溶液が血液と触れることで血栓ができます。

 

血栓は、生活習慣病の中の
心筋梗塞や脳梗塞の原因となるものです。

 

生活習慣病を予防するという意味でも、
脂肪分を調整していくことが大切です。

 

高脂血症を防ぐには、まず食生活を見直すことです。
そして、適度な運動を行うことがベストでしょう。

 

高カロリーの食事は、
大量の油脂が使われているケースが多いです。

 

また、動物性タンパク質には脂身として
脂質が多く含まれている食材があるので、
カロリー控え目な献立になるように心がけましょう。

 

適度な運動は、生活習慣病予防という意味だけでなく、
ダイエットにも大変有効的ですね。

 

有酸素運動(ジョギングなど)は脂肪燃焼作用を上げ、
体の負担も少ないのでおすすめです。

 

ウォーキングも効果的で、1日一万歩を目安に散歩をしてみてください。
エレベーターではなく、意識して階段を使うなど出来るだけ歩くようにしてみてください。

 

生活習慣病対策をして、
蓄積した身体の脂肪を解消し、スッキリした身体作りを目指しましょう!